法人のお客様へ

企業経営を取り巻く環境の変化は激しいものとなっております。また、そんな中企業のリスクも環境の変化とともに多様化しております。弊社では、企業経営者の皆様と、じっくりお話させていただいた上に、リスクを発見して、そのリスクがもたらす損害を最少の費用で保険に転嫁するアドバイスを心がけております。ぜひ、一度、弊社と共に考えてみてはいかがでしょうか?

経営者の保険

中堅・中小企業において、経営者個人の役割は非常に大きなものであります。経営者に万が一のことがあれば、金融機関の方針変更や取引の減少が避けられない傾向にあります。そこで、弊社としましては経営者個人に対して、法人の契約で企業防衛のため定期保険・遁増定期保険をお奨めします。これらの保険の特徴として、経営者個人が死亡した場合に法人に保険金が出るとともに、保険料の一定額が損金計上でき利益の繰り延べが出来る点があります。

従業員の保険

従業員には、まずは労災の上乗せ保険をご提案します。政府労災は非常にすばらしい保険ではありますが、自動車保険の自賠責保険に当たるもので、最低限必要な補償しかありません。上乗せ労災は、政府労災で補償されない慰謝料部分の加入と従業員の福利厚生を考えて加入されることをお奨めします。また、がん保険では全額損金計上できるものがあり、従業員の退職金の原資や利益の繰り延べに使用できます。

会社の保険

 取引信用保険

継続的な取引先が突然、法的整理などになったときの売掛金の未回収のリスクに対する保険です。

 リコール保険

製造物がリコールになった場合、その回収費用や告知に掛かる費用は莫大になります。これらの費用を補償する保険です。

 企業総合保険(休業補償条項) 

物保険はもれなくご加入しているケースが多いですが、実際に災害が発生して、操業に支障が生じたときの利益の減少や営業継続費用を補填する保険には加入がない企業様が散見されます。企業の永続性を考えればこれらの保険の重要性が増してくるものと考えます。  

 会社役員賠償責任保険

役員が業務遂行に伴う行為に起因して、株主、投資家、従業員その他第3者より損害賠償請求の提起を受けた場合の保険です。

 PL保険(生産物賠償責任保険)

製造、または販売した製品や行なった仕事の結果が原因で他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまい法律上の損害賠償責任を負った際に補償します。

 請負業者賠償責任保険

 請負業者が請負作業中に他人をケガさせたり、他人の物を壊してしまった際、法律上の損害賠償責任を負った時に補償します。 

 環境汚染賠償責任保険

 環境汚染を発生させたことに起因する、法律上の損害賠償責任を負った際の損害を補償します。

 個人情報漏えい保険

 従業員の不正行為や業務委託先から、個人情報が漏えいした場合の賠償リスクや費用損害リスクを補償します。

 火災保険

 火災・落雷・破裂・爆発・風災・雪災・ひょう災等をカバーする企業総合保険や、お客様のニーズに合わせて補償の組み合わせができる、企業財産包括保険があります。立地場所が違い、複数の建物をお持ちの企業様は、ご契約の方法により保険料を削減できる可能性が大です。

 動産総合保険

不測かつ突発的な事故による、動産を対象とする補償の保険です。契約形態により、小売・卸売り等の店舗の販売形態や、メーカーの事業形態にいたるまで、それぞれのリスクに応じた合理的な設計が可能な保険です。

 建設工事保険・組立保険

 建設工事中の建物(建設工事)内・外装の建設工事や電気設備工事、空調設備工事、給排水設備工事等の設備の組立工事の工事対象物に不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費等を補償する保険です。

 運送保険

 貨物の輸送中および保管中のリスクを補償する保険です。小売業や製造業においても、それぞれのリスクに応じた設計が可能であり、財物リスクを補償することも可能な保険です。

機械保険

機械が不測かつ突発的な事故により損害を受けたとき、その復旧修理費等を補償します。この保険を利用することにより、事故による不測の支出を一定の経費に置き換えることが可能です。

*このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

募集文書番号:16-U21980 2018年3月